にじいろ家族日記

実子と里子ちゃんの子育てや家族の事などの記録です

実子と里子ちゃん、一緒に病院を受診する時

f:id:rlog01:20200515081449p:plain

実子と里子ちゃんを一緒に連れてのお医者さん受診について

現在11歳の家の長男もしょっちゅう熱を出してお医者さんに行っていましたが、子供が小さい時は特に急に熱を出したり、体調を崩したりしやすいですし、予防接種や検診などでお医者さんに通う事も多いですよね。

今回は実子と里子ちゃん一緒に病院を受診した際の呼ばれ方など、どのようにしているかについて書きたいと思います。

 

大きな病院では番号で呼ばれると言う事もありますが、家の子が通っているかかりつけの小児科ではフルネームで呼ばれます。

病院を受診する時に心配だったのが実子と里子ちゃん一緒に連れていく時は別々の苗字で呼ばれるのかな?もし里子ちゃんが元々の苗字で呼ばれたとして、知っている人がいたら居場所など知られてしまうと言うことはないのかな…と言う事でした。

 

実子と里子ちゃんが違う苗字で呼ばれて、私がどう思われるかは特にどうでもよかったと言うか、気にしていなかったのですが、その事で実子や里子ちゃんが嫌な思いをしたり、里子ちゃんの名前に聞き覚えがある人がいたとして、そこから里子ちゃんの居場所が発覚して何か起きたりする事だけは絶対にあってはならないと思っていました。

 

事前に準備したこと

児童相談所の方にその事を相談したところ『経験豊富なお医者さんだと※受診券を見ると察してくれる事もありますが、受診前に事前に電話して事情を伝えたり、受診する時にメモに事情を書いて渡すのはどうでしょうか』と言うアドバイスをいただきました。

※里子ちゃんを委託されると、通常の保険証とは違う受診券と言うものを児童相談所からもらいます

 

電話だと患者さんがたくさんいた時など、受付の方も忘れてしまう事もあるし、電話を受けた人以外の関係者の方にきちんと伝わらない事もあるだろうと思ったので我が家では事前にメモを用意する事にしました。

 

里親家庭で養育中のお子さんです。

事情がありますので、苗字は呼ばないでください。

お忙しい所お手数おかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

 

このように書いたメモを受診券と一緒に、お医者さんの受付や薬局の受付で渡しています。

 

そうすると『〇〇ちゃん』と呼んでくれますし、実子や他の里子ちゃんが一緒の時は『〇〇さん』と私の苗字で呼んでくれます。

 

ただ、他の患者さんがいらっしゃる所では、そうしてくださいますが何か処置をしなければいけない時、他の患者さんと間違いがあってはいけない時などにはフルネームを確認する事があります。

 

f:id:rlog01:20200515082334j:plain

 困った事

事前の準備やメモを準備をしていたという事もあり、お医者さんの受診も薬局でも今まで特に問題もなく、スムーズに進んでいたのですが、一度だけ困ったことがありました。

 

それが予防接種と乳幼児健診です。

通常であればスムーズに行うことが出来るのですが、ご両親が頻繁にお引越しをされるというお子さんを委託された時は少し困りました。

 

  • 予防接種は住民票がある市町村で受けなければならない。と言うのが原則です。
  • また、乳幼児健診はその市町村によって無料券を配布してお医者さんで受ける所があったり、集団で決まった日に決まった所で受けるという所があったりと、それぞれの市町村で異なります。
  • 予防接種には法律に基づいて市区町村で実施する【定期接種】と、希望者が各自で受ける【任意接種】とがあり、里子ちゃんがこの【任意接種】を受ける場合には児童相談所の方を通して実親さんの同意を得る必要があります。

 

と言う事になっていて、住民票のある市町村以外の所で接種する場合は別で手続きをしなければならないと言う事で手続きもしていたのですが、お医者さんの方から『あまりにも頻繁に引っ越しされるとどこに請求したらいいかわからなくなる事もありましたし、事務作業が煩雑になるので、申し訳ありませんが、予防接種は違う小児科さんで受けてください。』と言われ、かかりつけのお医者さんを途中で変えるという事がありました。

 

 かかりつけの小児科を途中で変えるというのは、子どもにとっても親にとって大きなことですし、今までの体の変化などを知ってくださっている、かかりつけ医を変えるという事に不安もありましたが、まずは子供たちの健康が第一なのでその時は子育て中の友人達から小児科情報を色々聞いて、新しいかかりつけの小児科を探しました。

 

後日、児童相談所の方から『今回は小児科さんの方と児童相談所の方での、意思疎通がうまく図れず、ご迷惑おかけして申し訳ございませんでした。』と、それをふまえての今後の対応などのお話がありましたし、今までかかりつけで通っていた小児科さんも、とても丁寧に説明してくださり『次の小児科さんで予防接種を受ける時には、前日までに児童相談所に電話して、念のため住所が変わっていないか確認した方がいいですよ』とアドバイスをいただき、今の新しいかかりつけのお医者さんではスムーズに予防接種を受ける事ができています。

 

最後に

今まで虐待などを受けてきて心に傷を負っているお子さんの場合『これをされたら怖がる』と言う事などがあれば呼び方以外にその事も、お医者さんに伝えておくと子どもの心の負担も少なくなると思います。

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

最後まで読んでいただきありがとうございました( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

少しでも役に立てたら嬉しいです。